公園とかに行くとたまにサンクチュアリという区画をみますが、
サンクチュアリとはどういうものか?
wikiによりますと、

サンクチュアリは、「聖域」(sanctuary)の意味から転じて、日本では主に自然保護区の
意味で使われている。

その主なものに、野鳥保護区と同様に日本野鳥の会が買い取り保全している地区がある。
もっぱら自然環境の保全を目的としている野鳥保護区とは異なり、
左記に加え自然観察路や活動拠点となるネイチャーセンターなどが設けられており、
自然公園として機能している特徴がある。
1981年に開設された北海道ウトナイ湖サンクチュアリが始まりで、同会が募集する
寄付金等を原資として運営されている直営施設と、地方自治体などが保全している地区を
委託されて運営される施設があり、
2005年時点で日本全国に 12箇所のバードサンクチュアリが保全・運営されている。

という事です。
砧公園とかにもサンクチュアリってあるんですよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です